残念な出来事と、文字盤飾り3ヶ所直し(^-^)

こんにちは!

昨日のご来店の方で、壊れたオメガを4000円で直し、かつ、20年くらい壊れないようにして欲しいと言われて呆れてしまいました。

あまりの言いように、父も語気を荒くしていたようです。語気を荒くするのは良くないですが・・

4000円というお値段は別として、修理して直すこと自体は可能かと思いましたが、お断りさせていただきました。

なんだか修理自体に対して、非常に理解がないようで、悲しくなりました。残念な思いです。

最近はたくさんの修理をお預かりしますが、直せるお品でも、お話しして信頼を築けない方の場合はお断りする案件も増えてきました。

修理は難しい作業です。
特に古いお品の場合は何が起こるかわからない場合がありますので、まずはお客様との信頼関係が第一と考えております。

また、お客様の時計への想いを聞くことで、直すことへの情熱や原動力となるからです。このお客様の時計への想いを大切にしています。

やはり人間ですので、時計への想いよりも安さばかり言う方や、時計修理に理解が無い方
、失礼な場合は、やはり受けたくないは人情でしょうか。

さて修理の方は、バーバリーの文字盤飾りの9時・10時・11時の3ヶ所の外れを修理。
そのアフター&ビフォアです。

外れた字植は曇っていたので、磨いておきました。

ありがとうございました!(^-^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です