ロンジンの修理と対策(^_^)

ようやく手が空いて、更新させていただきます。

『電池寿命が短い』とのご相談は、直す側にとって、一番厄介なトラブルの一つ。

寿命が短いロンジン・クォーツの修理と対策をさせていただきました。

原因はいくつか考えられますが、汚れや油不足による止まり等の場合と、回路不良や湿気入りショート等によって電池消費量が異常をわきたして寿命が短いなどなど。
考えれば切りがありません。

前者はオーバーホールで直りますが、
後者は回路交換や様々な対応が必要になります。回路交換できれば簡単ですが、時計によっては部品が入らない場合もあります。

また、『寿命が短い』というスパンについて、修理お預かりの場合は、諸々の事情があって長くお預かり出来ない場合があり、なかなか悩ましいです。

今回のロンジンでは、防水力が劣化しているので、オーバーホールと防水の対応策をメインに施しました。

これで電池寿命が多少延びれば良いのですが・・・。

いつもありがとうございます(^_^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA